Ferrari 250 LM

Posted on 18 1月 2013

img_05261

Ferrari 250 LM その名の通り、Le mans 24 Huresで勝つために造られた250PをGTカテゴリーに仕立て直し、フェラーリ製GTカー初のミッドシップレイアウトを採用。デビュー翌年のル・マン24時間レースで総合優勝&2位入賞を成し遂げたGTコンペティションモデルです。総生産台数は32台と少なく、31台がアルミ製ボディを持ち、1台のみグラスファイバーボディで生産されました。ミッドシップに搭載された60°V12SOHCエンジンは3,285.72ccの排気量から320ps/7,500rpmを発揮、800kg台のライトウェイトモデルなので十分な戦闘力が与えられていました。ただ、残念なのはGTクラスで無敵を誇っていた250GTOの後継車としてFIAに承認されずプロトタイプカテゴリーでのレース参戦になってしまったことで、目立った勝利は65年のル・マン24時間レース 1 – 2フィニッシュのみとなっています。クラッシックフェラーリを代表するかのような曲線美が見る者を魅了するボディデザインはピニンファリーナが担当、専用設計のスチール製チューブラフレームに搭載されました。コンペティションモデルらしく整備性を考慮し、リヤカウルは一体型で大きく開口し、エンジンやギアボックスのメンテナンスが容易に行えました。燃料タンクもエンジンの両脇に配置され、ハンドリングに大きく影響する重量物をミッドシップに配置しています。コクピットはとても狭く、助手席はおまけみたいなもの。それでもドライバーの仕事場としては十分な視界も確保されており、現代のスポーツカーと比較すると驚くほどコンパクトなサイズが空力的にも有利に働いており、287km/hという最高速は十分な戦闘力を持っていたことがわかります。60年代は魅力溢れるスポーツカーが多いですが、その中の筆頭に位置するクルマと言えるでしょう。LMP CARS CALL 03-5772-2788

1965y Ferrari 250 LM
Body design Pininfarina
60° V12 3,285.72cc 320ps/7,500rpm
L 4090 / W 1700 / H 1175 1,115kg
Wheelbase 2,400mm

img_0677

img_0605


Recent Posts

Tag Cloud

24 HEURES DU MANS 458 Italia 599GTO 911 ASTON MARTIN BMW BMW M1 DAYTONA ENZO F1 F40 Ferrari Ferrari 250 GTO Ferrari 288 GTO Ferrari 458 Ferrari 458 GTE Ferrari 458 Italia Ferrari 599 GTO Ferrari ENZO Ferrari F40 Formula 1 Goodwood GT3RS4.0 Italia LAMBORGHINI Lancia Lancia Stratos Le mans LMP CARS LMP motorsport MARTINI MASERATI Mclaren McLaren F1 McLaren MP4-12C Mercedes-Benz MICHELOTTO MIURA MP4-12C Porsche PORSCHE 911 PORSCHE911 Porsche 911 Carrera RS stratos WRC

Meta

LMP what's new is proudly powered by WordPress and the SubtleFlux theme.

Copyright © LMP what's new